一夜限りの相手だと思っていたのに、まさかの妊娠。
困惑する私の前に現れたのは、あの日の『彼』だった。
彼は私に結婚を迫るも、私のことは好きでも何でもないと言う。
そんな彼の正体は、なんと極道の若頭だった。
言葉とは裏腹に、私に優しくする彼。
彼は一体、何を考えているのか。
私はただ、あなたを理解…

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり4

ただ君を想って