和カフェ『ふなば』の楓太さん

作者安崎依代

卒論の題材を求めて岐阜の炎天下をさ迷っていた女子大生・小橋夢子(こばし・ゆめこ)

あわや熱中症で行き倒れかという夢子を助けてくれたのは、伊奈波神社界隈で和カフェを営む美青年・稲波楓太(いなば・ふうた)だった。

しかしこの楓太、どうやらただのイケメンというわけではないようで……

「何ですか!!…