後悔していた。ただ大好きで大嫌いな人の言葉があたしを生かしているだけだった。それなのに、その男は容赦なくあたしに価値を与えてく。「俺に愛されるか俺に殺されて心中するか。お前にあるのはこの2択だ」———ねえ、アンタはちゃんとあの人と幸せになってますか。

「俺の好みだった、だから俺のにする。

だからお前も俺を好きに命令したらいい」


危険な男は誰よりもあたしを甘やかす








※『room air』のアフター&アナザーストーリーです。唯を幸せにする為に書いてます。のんびり更新になると思います。



[BGM]

*The Kid Laroi『STAY』『WITHOUT YOU』

*秋山黄色『見て呉れ』

*amazarashi『とどめを刺して』

*Dannie May『適切でいたい』