紀尾井坂ノスタルジック

作者涼寺みすゞ

横浜から英国までの片道50日の船旅最終日、一風変わった面々と知り合った涼介は、日本で面白おかしく語られる噂話を聞き出した。
それは『酒乱の閣下が妻を斬り殺した』『女好きの閣下が鹿鳴館で騒ぎをおこした』など 下世話な話だったが、最後に語られたのは子爵令息が、美貌の男爵令嬢に恋をした話だった。