DV夫から逃げた私は優しいストーカー男を愛してしまった【コミック原作応募版】

作者響ぴあの

緒二子(おにこ)はハイスペックイケメンな夫と結婚相談所で出会い結婚した。
しかし、夫はDVモラハラ男だった。
社会になじめず、結婚することで会社を辞めた緒二子はコミュ力が低く友人もいない。

名前のせいでずっといじめや差別を受けた。
既に死んだ親を怨んでいた。
親は決していい親ではなかった。

D…

①表紙

以下の要素を必ず記載してください。


▶ストーリー概要および物語の設定

緒二子(おにこ)はハイスペックイケメンな夫と結婚相談所で出会い結婚した。

しかし、夫はDVモラハラ男だった。

社会になじめず、結婚することで会社を辞めた緒二子はコミュ力が低く友人もいない。


名前のせいでずっといじめや差別を受けた。

既に死んだ親を怨んでいた。

親は決していい親ではなかった。


DVがひどくなり、殺されそうになり、とっさに家を出ると、真王が助けてくれた。

財布がなく、頼る場所がないのなら何かごちそうすると。

真王も名前で幼少期からいじめや差別をされ、虐待された経験があるらしい。


お互い社会に馴染めない二人は意気投合する。


その後、彼は自分の家を提供してくれ、彼は知人宅やネットカフェに泊まるという紳士的な人だった。

ご飯も作ってくれるし、風呂も衣服も全部自由に使っていいと自宅を開放してくれた。


しかし、その彼はOL時代から緒二子につきまとっていたストーカーだった。


ストーカーは悪い、怖いというイメージを覆す、優しい王子様のようなストーカーとの恋愛物語。

DVから逃れるために始まった恋は真王の策略によるものだった。

これは、真王が仕組んだ合法誘拐拉致監禁だともしらずに。

でも、共依存愛なのかもしれないし、真実の愛なのかもしれない。


▶(小説作品のコミック原作化の場合)元小説の作品URL

https://maho.jp/works/15591934027811808172