「ごめんね、私はキミとずっと一緒にはいられない」限られた時間を生きる薬師と人間嫌いで強く寂しがりやなDOLLの旅が始まる。







雨の中で倒れたキミを見つけた時


いつも子供達に読み聞かせていた

絵本を思い出した





そして、思ったの。



―――――――私は今死んではいけない




この子を見捨てたら今まで軽蔑してきた

人間と同じになってしまう






でも奏斗、本当はね


キミと出会わなければ良かったのに


出会わなければ死ねたのに


やっと楽になれたはずなのに


やっと解放されると思ったのに






それが、紛れもない私の本心だった。






あーあ、神様は残酷だ




「沙野離れるなんて、嫌だよ


俺の事………嫌いになっちゃったの?



俺がDOLLだから?」






画像タイトルを入力…







「ねえ、奏斗私は全然いい人間ではないのよ」




「だから、ずっと一緒には居られない



ごめんね奏斗」









泡沫