呪われ魔法の一番素敵な使い方 ~毒かぶり令嬢、オネエ神官さまの偽装婚約者になりまして~

作者龍田たると

公爵令嬢イルゼは、顔にできた毒の痣を理由に第一王子から婚約破棄を突き付けられてしまった。

だが、オネエな隣国の神官クロヴィスが、聖魔法でその痣を取り除き、傲岸な王子から彼女を救う。


「あなた、私の奥さんになる気はなぁい? 婚約破棄も成立したところだし、ちょうど今フリーなわけでしょ?」


クロヴィスはその場でイルゼに結婚を申し込む。

実はそれは偽装婚約の申し込みだった。秀麗眉目で皆から尊敬を集めている彼は、さまざまなところから縁談を持ち掛けられており、断る口実を探していたのだ。


イルゼは自分を救ってくれたクロヴィスに報いるため、仮初めの妻としてクロヴィスの率いる医師団で働き始める。


痣の原因にもなった呪いの亜空間魔法を活用することで、多くの人たちから徐々に認められていくイルゼ。


しかし、クロヴィスや医師団の面々には、何か重大な秘密があるようで……?



生真面目な毒かぶりの令嬢と、オネエ言葉の神官さま。いびつだけど真摯な二人が、本当の夫婦になるまでのお話。