如月優希は後悔していた。
塾の帰り、友人の言う事を聞かず、一人で帰ってしまった事を。
そして、そんな如月の後ろをカサカサと音を立てながらつけている『何か』の存在を感じつつ歩く。
後ろが気になるが、振り返る勇気はない。
どうしようと思考を巡らせ、如月は『ある事』を思い出し、その場所めがけて歩みを進め…