命の森に暮らす15歳の本好きの少年セラは精霊が見えるという人と変わった性質を持っていた。
それゆえ、人々に蔑まれて孤独に過ごすことが多かった。

ある日、泉の畔で数年前に失踪したはずの父の声に呼ばれる。
父の声に誘われてたどり着いたのは大樹だった。

大樹は森の人々が何よりも大切にしてきた樹齢千年…







精霊って知ってるかい?








画像タイトルを入力…