相手の男性は、大分年若く、魔力を持った魅力的な目をしている。奥さんには優しいだろう、という友達の言葉が夏蓮かれんの心に突き刺さる。父親の背中を追うように彼の背中を目で追ってしまう夏蓮。唯一の救いは、毎日彼に逢えることである。その中に、悲しみもあれば喜びもある。切ない愛がある。彼と結ばれたい。彼に毎日逢えて幸せである。