夏蓮は、例え雪男に腹が立っても、毎日逢えるのが嬉しいのである。もう2度と激したりせず、怖がらせないようにしよう、と夏蓮は決心した。