冬に咲く桜をみて、


わたしみたいだと言った。





その意味を理解できないまま


私はまたこの街に帰ってきた。








※この物語はフィクションです。実在の人物名等には関係ありません。暴力行為、未成年の喫煙・飲酒は法律で禁止されています。