ただの花屋と訳あり中学生。

作者水原冥透

雨の日に出会った、
中学2年生の男の子。
14歳の男の子に、一目惚れした。


あれ。
俺、どうしちゃったんだろ。

《注意事項》

本作品全体が筆者の妄想です。

不快に感じた場合、

すぐに読むのを中止してください。

それでは、本作品をお楽しみください。