「本当に強い人は、普段はひっそりと大人しいもの——」
 この作品に接してくださる、私も含めた世の善良なる非力な方々へ、何かの活力になれば良いなぁと思い書いたものです。現代社会の様々な悪意に相対する「静かなる強者」が、その意外性故に少しずつ波乱に巻き込まれて行き、それに対峙して行く。そんなイメージか…