推し喫茶店が閉店するので、店長ごと買い取ったクソリプアイドル葵君

作者ミラ

クソリプ炎上アイドルと呼ばれるようになって一年。

そんな葵を癒していたのは極上パンケーキがある推し喫茶店だった。


だが、推し喫茶店が突然閉店することに……!


絶望に耐えきれない葵は


「君を買いたい!推しに金払わせろぉお!!」


と金に物言わせて女店主ごと買い取ってしまった!




クソリプ炎上アイドルと呼ばれるようになって一年。


そんな葵を癒してくれたのは極上パンケーキがある推し喫茶店だった。



だが、推し喫茶店が突然閉店することに……!



絶望に耐えきれない葵は



「君を買いたい!推しに金払わせろぉお!!」



と金に物言わせて女店主ごと買い取ってしまった!




閉店危機を脱した葵はSNSにてアイドルの裏垢


俺の「推しパンケーキ自慢アカウント」を開設する。




アカウント名は「パンケーキ王子」



クソリプ炎上アイドルと呼ばれる葵は


茜の天才的なセンスが光るパンケーキ写真を投稿して自慢し


フォロワーにクソリプする遊びを始めた。



フォロワー「このパンケーキはマジで需要あり。店の場所教えて」

葵「全部僕のだからムリ」

フォロワー「さすが王子の対応は塩w」



葵はフォロワーに得意のクソリプ対応だ。


だが、葵の投稿からはシェフ(茜)への推し愛が溢れており、


フォロワーはその恋路をほっこり見守っていた。



フォロワー(でも教えてくないのは、シェフ独り占めしたいからだよね!!)

フォロワー(わかってるよ俺たち!)

フォロワー(私たちフォロワーには塩でも!)

フォロワー(シェフにだけはデレろ!)

フォロワー(いいぞもっとやれ!)



これは、クソリプアイドル葵のSNS成長記録。


そしてフォロワーによる共感と連帯、時々炎上!の見守り型ラブストーリーである!



フォロワーはあなた!


おいフォロワー!この恋を共に見守ろう!