大きな大陸の片隅。
小さな国がありました。
その国の領主さまはすごく優しく、民思いでみんなから慕われていました。
領主さまには、一人息子がいました。
これはその息子に恋するもののお話。