魔術師であり異端審問官《インクイジター》でもある東堂嵐士。
名もなき組織に属する逢坂圭吾。
本来、交わらないふたつの点が交わったとしたら?
本作品はそんなお話です。

「いきなり背後から襲ってくるたぁ、覚悟はできてるんだろうな」



「そっちこそ。他人の【庭】に入り込んでおいて無事に出られるとでも?」



本作品は

『彩氷の異端審問官インクイジター

https://maho.jp/works/15591074771454420049の東堂嵐士と


『無銘の後継  Successor of unrolled』

https://maho.jp/works/15591074771456497941の逢坂圭吾が登場します。