1938年。世界中が狂気の渦に呑まれつつある、初冬の英国。一人の少女が大都会──ロンドンにやって来た。
13年前。東オーストラリアのとある田舎町に、貧困と育児放棄が原因で、親戚が営む孤児院に使用人として引き取られた、アンジェリークこと、アンジュである。
彼女は天性の音楽好きだったが、歌と南半球の豊…


求め、願う事しかできなくて


ただ 1人で 歌っていました。



青い海



あの海辺ふるさとで……


届ける



夢見た世界に漂う 狂想の


い空を 一瞬で染めた


幾千もの の涙



戦火のアンジェリーク



たとえ 明日消えてしまっても


“愛” を探して 育ててく……


それが 私の 戦い です。