ライターの臼田宗介は、女性誌の企画のため「意識高い系」と思われる本宮瑠偉に会う。しかし本宮は本当に意識の高い男だった…。


▶ストーリー概要および物語の設定



ライターの臼田宗介は、女性誌の企画のため「意識高い系」と思われる本宮瑠偉に会う。しかし本宮は気遣いのできるイケメンで、スペックも意識も高い「真正・意識高い系」だった。


それを担当編集者に報告すると、宗介はウェブでの連載を持ちかけられる。疑似彼女として、意識高い系男とのデートの模様を伝える企画「意識高い系彼氏。」だ。


本宮に惹かれていた宗介は恐る恐る打診するが、本宮は二つ返事で了承する。「デート」を重ねるうち、二人は惹かれあい、本当に付き合うことになるが、同棲を始めた宗介は体を開発することに執着する本宮に違和感を覚える。


開発されれば用済みなのではと不安になった宗介に本宮は謝り、ビジネス誌の取材のインタビュアーに宗介を指名する。宗介は仕事として本宮の過去を調べ、本宮が小学生の時に交通事故に遭い、懸命のリハビリによって奇跡的な回復を遂げたと知る。


取材で、本宮は自分から当時のことを語る。今の本宮を作っているものを理解した宗介は、より深く寄り添うようになる。