日向くんとやたらタイミングの悪い先輩

作者風城凪

真崎幸人(まさき ゆきと)は人よりだいぶタイミングの悪い人間だ。
朝一の会議の準備をしようと早めに家を出れば、乗っていた路線で人身事故が起こって会社に遅刻しそうになるし、コピー機を使えば高確率で紙詰まりに見舞われる。
そんなことは日常茶飯事で、今日も今日とて不運に見舞われていると、人懐っこい後輩・…

▶ストーリー概要および物語の設定

真崎幸人(まさき ゆきと)は人よりだいぶタイミングの悪い人間だ。

朝一の会議の準備をしようと早めに家を出れば、乗っていた路線で人身事故が起こって会社に遅刻しそうになるし、コピー機を使えば高確率で紙詰まりに見舞われる。

そんなことは日常茶飯事で、今日も今日とて不運に見舞われていると、人懐っこい後輩・日向慶(ひむかい けい)がやってきて「今日はどうしたんですか」と声をかけてくれる。

日向は部署移動の際に真崎に救われた経緯があり、その恩を返したいとその機会を伺っていたのだ。

そんなある日二人は同じプロジェクトで仕事をするようになり、真崎の不運を通して二人は徐々に仲良くなっていく。

これは、毎度毎度タイミングが悪くて不運に見舞われる先輩と、そんな不憫な先輩の役に立ちたくて仕方がない後輩の、日常を描いたお仕事中心なソフトBLを想定した作品です。


▶(小説作品のコミック原作化の場合)

この作品は「日向くんとやたらタイミングの悪い先輩」をコミック原作化したものです。

https://maho.jp/works/15592098914040152155