給湯器が壊れた。

感染症蔓延る世界で、それは死を意味する。
給湯器が不足しており、給湯器を購入出来る日がいつになるかわからないからだ。

給湯器無しで凌げる方法を調べている時、見知らぬ男が現れる。

――自分はあやかし?

――君を探しに来た?

――君の力になりたい?

それどころじゃない。