ある日の放課後、柚莉愛はただ静かに外を見つめていた。
そんな彼女の物語。