こんなボクらのろくでもない運命に祝福を。

作者萬里 一

女装趣味の大学生・茅野慎二は、思いを寄せる男性・茶山シノから交際の申し込みを受けている真っ最中。しかし彼の手に触れたその瞬間、目の前に現れたのは不気味な女の霊だった。
どうやら“互いの身体に触れると視える”という特殊体質だと判明してしまった二人は、怪しい除霊師・イバラの元で助手として働かされること…