一生を終えるたび、記憶を持ち越して次の生を得る『イーオンの民』。
彼らは転生の都度、その魂を削がれていき、やがて魂ごと消え去る運命を負っていた。
これは、そんな種族に生まれ、再会するたび夫婦となってきたある男女の、とある真夜中の出来事。





何度も何度も、



記憶を持ったまま転生を繰り返す、



『イーオンの民』。




転生するたびに少しずつその魂は削られ、


やがて散り散りになった魂と一緒に、



その存在は消滅する。






これは、そんな種族に生まれた、



ある夫婦のお話。