君とならきっと、生きたいと思う。

作者Kz

まだ14歳の少女は、両親からの虐待とネグレクト、そして「日常」に対する虚無感から死を選んだ。
雑居ビルの屋上から飛び降りれば、少女が死ぬのも一瞬だ。
けれど、確かに死んだはずの少女は目を覚ました。見慣れた自室のベッドの上だった。
まるで死に取り憑かれたように、少女は再び屋上に立つ。しかし二度目は引…