とてつもなく大きな力を持つけれど、たったひとつ大きな欠点を抱える高校二年生の神奈木はな子。彼女は仕事で各地を転々としていて、仕事もいつも順調にこなしているのだが、その「欠点」のせいでいつも家族を危険に晒していた。
そんなはな子がとある学校へ仕事のために転校をしたとき、「欠点」を補う人物と出会う。