ある日偶然、恋人である彼に好きな人が居ると知ってしまった。私はあの子の代わりで、似ていたから「一目惚れ」だなんて言って付き合ってくれていただけだったのだ。――そう分かっていても、好きだという気持ちが止まるわけもない。代わりでもいいから、側に居たかった。