【iらんど大賞応募用】夜の海とリフレイン

作者きはや

 高良琥珀は、STONESというバンドのカリスマボーカルだったが、デビュー当時の暴力事件で落ちぶれ、四十近くになっても歌舞伎町で底辺ホストをしている。
 彼はヤクザに多額の借金を背負い、どん底の状態で、今は成功している元バンドメンバー達と再会し、自分を情けなく思う。
 その後、不幸な事故で意識不明…

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり

▶ストーリー概要および物語の設定

 高良琥珀は、STONESというバンドのカリスマボーカルだったが、デビュー当時の暴力事件で落ちぶれ、四十近くになっても歌舞伎町で底辺ホストをしている。

 彼はヤクザに多額の借金を背負い、どん底の状態で、今は成功している元バンドメンバー達と再会し、自分を情けなく思う。

 その後、不幸な事故で意識不明の重体になった琥珀は、薄れゆく意識の中で声を聞いた。「もう一度やり直して」……その声に琥珀は切に叫ぶ。「俺だってやり直してえよ!」

 そんな思いで目覚めると、そこはデビュー当時のレコーディングスタジオ。琥珀は過去に戻り、あの栄光から挫折の日々をやり直すことになる。自分の過去を変えるチャンスに、過去の行動を改めていく琥珀。しかし、そこには自分だけではなく、各メンバーの抱える闇があった。

 様々な理由で立ち行かなくなったバンドを、「今度こそ」成功に導こうとするバンドマンのタイムリープ奮闘物語。



▶(小説作品のコミック原作化の場合)元小説の作品URL

なし