主人公の少年は幼なじみに約束した音大合格を嘘にしないため、嘘を本当にしてくれるという『噓屋』を開いている魔法使いを訪れる。しかし、すぐには不合格の通知を書き換えてはくれないようで……