▶ストーリー概要および物語の設定


怨みの念を受けた物たちは、九十九堕ちとなって人間を襲う。その九十九堕ちを斬ることを生業とするのが神喰い人。

神喰い人は九十九堕ちを斬れば斬るほど九十九堕ちの怨みの念を体に蓄積していき、最終的に自身が九十九堕ちする。九十九堕ちした、或いはその危険がある人間はひそかに暗殺される。表向きには九十九堕ちする前に引退したと伝えられる。

九十九堕ちの殲滅が成功した暁には神喰い人は一人残らず殺される(上層部に暗殺される)。九十九堕ちがいつ起こるかわからないため。それまでの物語。

神喰い人は女はなれない。女は感情を共感しやすく九十九堕ちの怨みの念に汚染されやすいからだ。

そんな中、皐月翠は現神喰い人の詰草息吹に見いだされ、特例として神喰いの組織に仮入隊することに。

九十九堕ちに見いられ、自身を九十九神と同等の存在にしようと目論む黒幕、神喰い人3トップの瑞希照の陰謀に巻き込まれながらも、その中で翠が仲間と共に成長し、詰草との距離を縮めていく、愛情と怨みを軸にした物語。


▶(小説作品のコミック原作化の場合)元小説の作品URL

なし