画材道具を仕入れに出かけた空秋は、ある油絵の個展会場の前を通る。

生れつき、白と黒の2色でしか見えない景色の中に、見たことも無いほど鮮やかな色合いの絵を目にした空秋は吸い込まれるようにして会場へと入いり、檜山遥陽と出会う。

空秋から見た檜山は、空秋が表現したことの無い多彩な色を発していて、空秋…

①表紙


▶ストーリー概要および物語の設定


画家であり、作家でもある主人公、空秋(からあき)。画家でありながら幼少の頃から白黒しか色を認識出来なかった。


しかしある時、ミュージカル俳優、檜山遥陽(ひやまはるひ)と出会い、初めて白と黒以外の色を知る。


檜山が表現し、発信する全てが空秋にとって鮮やかな色を持ち、空秋は自然と檜山に心酔していく。


が、檜山との出会いから5年後、突然国民的人気女優と檜山の熱愛が発覚する。



檜山の熱愛報道を目の当たりにした空秋は、経験したことの無い大きな感情の波と、衝動に駆られ、気が付けば檜山の亡骸を引き摺り人気の無い山奥へと来ていた。


そこで更に寒緋(かんひ)という謎の青年と出会い、「檜山を生き返らせることが出来る」と持ち掛けられるが―――



②本文

以下のようにページを分け、必要な要素を記載してください。全体としておおむね1万字~1万5000字程度のボリュームになることを目安としてください。


<1ページ目>

▶作品キャッチコピー

(コミックの読者に向けて、この作品をアピールするキャッチコピーを30~50字程度でお書きください。作品に興味を持ってもらえるよう、端的に作品の魅力を伝えることを心がけてください。)


上記の括弧部分を削除した上で、ここにお書きください。


▶注目ポイント・アピールポイント

(この作品をどんなテーマで書いたのか、また、この作品で特に注目してほしいポイント、描きたいシーンを書いてください。

また、可能であれば編集者や、実際にコミカライズを手掛ける漫画家に伝わるよう、今回の応募作を企画した意図や、どんな読者に向けて書いているのかの想定を簡潔にお書きください。長くなりすぎないよう、簡潔にまとめてください。)


上記の括弧部分を削除した上で、ここにお書きください。



<2ページ目>

▶主要な登場人物や用語の説明

(登場人物については、情報の羅列でなく、個性や見た目の特徴、ストーリー展開の中で果たす役割をお書きください。また、作品において重要な用語があれば詳しくお書きください。文字数の制限はありませんが、簡潔にまとめてください。)


上記の括弧部分を削除した上で、ここにお書きください。



<3ページ目>

▶あらすじ

(なるべく作品の核心(完結)まで、この物語がどんなストーリーであるかを分かりやすく書いてください。)


上記の括弧部分を削除した上で、ここにお書きください。



<4ページ目以降>

▶第1話~第3話のシナリオ

(1話のボリュームはモノクロの横コミックの場合24ページ程度、縦スクロールコミックの場合おおむね50~60コマ程度と想定し、応募見本を参考に第1話~第3話までのシナリオをお書きください。なお、ストーリーそのものは3話以内で完結させる必要はありません。応募見本では以下のような形で記載していますが、必ずしもこのとおりでなくても構いません。小説形式での応募も可能です。)


上記の括弧部分を削除した上で、ここにお書きください。

可能であればシナリオ各話ごとにページを分けてください。