いまだ余所者を受け入れない風習が根強く残る孤月村。その孤月村の名家、利蔵家に村外から嫁いできた雪子は、利蔵家に因縁のある曽根多佳子という女性の存在に脅かされることになる。多佳子のことを突きつめていくうち、雪子は二十五年前、孤月村で起こった凄絶な事件を知るのであった。




継ぐ呪い--