寝取られ聖女は、皇帝と騎士に甘く溶かされる

作者天瀬マリナ

主人公マユはOLだ。婚約者に裏切られ、異世界に召喚される。レオナール皇帝は、聖女のマユと息子の皇太子を結婚させるため、マユを召喚した。婚約者を見返したいマユは、やけくそで聖女になる事を承諾した。だが皇太子には異母妹の愛人がいて、マユと結婚したくない。皇太子は、騎士サミュエルの家族を人質に、脅迫。マ…

▶ストーリー概要および物語の設定


主人公マユはOLだ。婚約者に裏切られ、異世界に召喚される。レオナール皇帝は、聖女のマユと息子の皇太子を結婚させるため、マユを召喚した。婚約者を見返したいマユは、やけくそで聖女になる事を承諾した。だが皇太子には異母妹の愛人がいて、マユと結婚したくない。皇太子は、騎士サミュエルの家族を人質に、脅迫。マユの寝室に侵入したサミュエルは彼女を襲う。皇太子は2人の不義を訴える。だが皇帝は信じない。息子の皇太子と違い、マユは温かなレオナールの人柄と声に惹かれる。レオナール皇帝とサミュエル騎士は、どちらかが命賭けでマユを守ることを誓う。誓いの証として、マユ、レオナール、サミュエルの3人は同じベッドで一夜を過ごす。皇太子は、マユを毒矢で暗殺しようとするが、サミュエルが救う。手違いで皇太子が死ぬ。愛人は皇太子暗殺の濡れ衣をマユに着せる。皇帝は愛人と皇太子の実父である、公爵に幽閉される。マユが処刑される寸前、サミュエルに助けられたレオナールが、マユを救う。愛人と公爵は断罪される。サミュエルは騎士団長に昇格。マユは皇帝と式を挙げ皇后となる。レオナール皇帝とサミュエル騎士団長は、代わりばんこにマユの寝室に通う。