私はイヴとして生きている。

作者月猫

ストーリー概要および物語の設定

記憶を失った少女イヴは三人の騎士と出会い、共に行動することとなる。
世界の在り方を教えてもらいながらイヴは記憶の渦と戦争に巻き込まれていく。
自分が何者なのか。ようやく答えが見つかったと三人に告げれば、裏切られてしまう。イヴは三人が宝剣を隠すために造られた存在だっ…

ストーリー概要および物語の設定


記憶を失った少女イヴは三人の騎士と出会い、共に行動することとなる。

世界の在り方を教えてもらいながらイヴは記憶の渦と戦争に巻き込まれていく。

自分が何者なのか。ようやく答えが見つかったと三人に告げれば、裏切られてしまう。イヴは三人が宝剣を隠すために造られた存在だったのだ。

一度は逃亡するイヴ。しかし戦争を止めるため、イヴは願いを叶えてくれるという伝説の女神と会う決心をする。

イヴの願いにより戦争をしていた二つの世界は一つとなり、現在の地球が生まれる未来へ。

造られた存在だったはずのイヴも生まれ変わり、自分の人生を歩むこととなった。