悪徳国王と逃走王子様

作者森月美遊

ロワール王国の姫であるリイネは国の王子であるセナと婚約していた。
幸せな日々を過ごす中、ある日のパーティーで隣国のハンス国王に意味深い発言をされる。
リイネは胸騒ぎを感じた。
それは後に的中することとなる。

隣国との親交を深めるパーティーで、国王であるオルハ国王が毒殺されてしまった。
その首謀者…

幸せだった頃が遠い日の様に感じるわー…


私は今、地獄にいる


セナ王子を失い、心が空虚だ


罪人とされ、人々からは軽蔑の眼差しで見られ、扱いは奴隷そのもの…


誰か、救ってー


しかし、助けに来たのは王子様ではなく、悪徳国王だった。