幼い頃から両親から虐待を受けていた。そんな時はいつも姉さんが守ってくれた。だから今度は僕が姉さんを守らなきゃという使命感で姉さんを守っていた。
そんなある日、2人で遊びに行くことになった。
だがこの日が、弟の人生を狂わせるなんてこと、まだ誰も知る由もなかった。