黄昏の中に置いてきた、きみと想い。