極秘蜜愛結婚~キセイジジツからはじめません、か?~

作者霧内杳

目が覚めたら隣で、会社の御曹司が眠っていた。
二日酔いでズキズキと痛むあたまで状況を整理する。

「ああ、事後。
……事後ー!?」

なんでどうしてそうなったのか把握できないまま、彼に浴室へ放り込まれ。
シャワーを浴びながら思い出す。

……そういや、キセイジジツを作らないかと誘った気が。

見合…