~とある日の絵里~ 『カツ夫と海の仲間たち』の物語

作者マクスウェルの仔猫

バイト先のオーナーから新メニューの宣伝を任された清川絵里は、良いアイデアが浮かばず、近所にある図書館に向かった。

閲覧席の空き待ちをしながら、ノートPCをヒザにのせて、むむむぅ、と唸る絵里。

すると、そこに。

キッズスペースで遊んでいた男の子が絵里に話しかけてきて……。



絵里がOKサ…


バイト先のオーナーから新メニューの宣伝を任された清河絵里は、良いアイデアが浮かばず、近所にある図書館に向かった。


閲覧席の空き待ちをしながら、ノートPCをヒザにのせて、むむむぅ、と唸る絵里。


すると、そこに。


キッズスペースで遊んでいた男の子が絵里に話しかけてきて……。