すきとうそで繋がって

作者乙葉

「大丈夫」「もう忘れたよ、昔のことは」
「彩世のせいじゃないよ」


───知らないフリと大丈夫なフリはあたしの得意技なのに。


「俺が気付かねえと思ってんの」


いつだって、彩世だけはあたしのフリを難なく見抜いてくる。





画像タイトルを入力…