僕は幽霊が見える。
いつからかはわからない。
でも、なるべく関わりたくない。
そう思っていたのに…
ある日、沢山の霊に憑れている少女と出会う。
さらに、その霊の中にはかつての親友もいた。
しばらくして、彼女が僕に相談をしてきた。
「最近、怪奇現象に困ってて…」
そのことを知り、なんとか助けようと試…