僕が彼女に執着心を持った時

作者白河 てまり

道端で倒れてしまった僕を助けてくれた優しい女性に僕が恋に落ちた時、彼女は僕が勤める高校の生徒だと知る。
離れようと伝えると、彼女は「先生と生徒としてでもいいから、そばにいたいです。」と、僕が受け持つ美術部に入部してきてくれた。
再び距離が縮まり始める2人。

前半は先生目線、後半は社会人になったヒ…

僕が彼女に執着心を持った時