君・・君の頬にひとつぶ光ったのは??

泣いてんの・・・

ひとしずくの光に・・優しさと悲しみの匂いがした。


じっと見ていたから・見逃しはしない…


知って居たんだよ・・君の悲しみを・・・


見逃さない絶対に・・・


胸に刻んで居たんだよ・・辛いあの日を・・


温もりが眼差しから零れた…