あたしのレーゾンデートル〈存在意義〉

作者華和



父「華和の才能を散らす訳にはいかん。何とかしなければ…」

母「物語を書くのはあの子の才能。」

いつしかあたしのレーゾンデートル〈存在意義〉は小説を書く事になっていました。

だけど今ではそのお陰で今のあたしが
いると深く感謝しています。

※この小説は作者が体験した話に
基づいて書きました…



父「華和の才能を散らす訳にはいかん。何とかしなければ…」


母「物語を書くのはあの子の才能。」


いつしかあたしのレーゾンデートル〈存在意義〉は小説を書く事になっていました。


だけど今ではそのお陰で今のあたしが

いると深く感謝しています。


※この小説は作者が体験した話に

基づいて書きました。※


華和、始まりの物語になります。


作中の名前は華和も含め皆さん、仮名です。