1185年03月24日。

壱葉「あたしの身体も想いも泡沫となり消え往く運命〈サダメ〉」

壱葉が恋い焦がれていた人は…

壱葉「範頼様!」

範頼「壱葉!」

範頼と壱葉の手はついに繋がる事などなくそのまま壱葉の身体はまだ寒い壇ノ浦へと沈み…泡沫のように…
消えてしまいました。

※この小説は…


1185年03月24日。


壱葉「あたしの身体も想いも泡沫となり消え往く運命〈サダメ〉」


壱葉が恋い焦がれていた人は…


壱葉「範頼様!」


範頼「壱葉!」


範頼と壱葉の手はついに繋がる事などなくそのまま壱葉の身体はまだ寒い壇ノ浦へと沈み…泡沫のように…

消えてしまいました。


※この小説は史実を参考に作者が考えて書いたフィクションの小説です。※