不眠症ヤクザに拉致監禁!両想い夫婦になりたいとかムリでしょ!?

作者ミラ

不眠症解消レッスンそっちのけで、不眠症ヤクザの要求はどんどんエスカレート!

最初はすっきり寝たいだったのが、

おっぱいを触って寝たい

全身キスしたい

裸で一緒に寝たいときている。



寝かしつけ屋の主人公と、

不眠症ヤクザの監禁生活!!

■ストーリー概要


〈突然、拉致監禁されました〉



覆いかぶさる男に処女喪失の危機を感じた桃は「必殺技」を繰り出した。


『寝ろ!』


キスしながら桃が念じると男はバタリ、と眠りについた。




こうして寝かしつけ屋の桃と、


不眠症ヤクザの監禁生活が幕を開けた。




「僕こんなにすっきり寝たの久しぶりだよ!」


真実まなみは、


不眠症かつヤクザであることを告白し、


桃に惚れたと言い出した。




「両想い夫婦になりたい」と無茶な要望を掲げる真実は、


桃の不眠症解消レッスンを受ける代わりに、


エッチなことを要求する。




レッスンが終われば解放する約束に、桃は乗るしかなかった。




だが、桃が提供する不眠症解消レッスンそっちのけで、真実のえっちな要求がどんどんエスカレートしていく。




最初はすっきり寝たいだったのが、おっぱいを触って寝たい、全身キスしたい、裸で寝たいときている。




「不眠症解消レッスンはエッチなことするんじゃないの!」

「いいじゃん、気持ち良いんだから」




過剰なスキンシップにドキドキさせられて、桃は真実の強引さにつき合わされては心地よくなってしまう。



(犯される前に逃げなくちゃ!)



桃は何度も脱出を試みるが、ことごとく失敗。


脱出失敗のおりに、真実の腹心である氷室が桃に囁いた。



「私は潜入スパイの警察です。時期を見て助けます」



桃は氷室の存在に希望を見出して、レッスンを続けた。




寝かしつけ不眠症解消レッスンを通じて、桃は真実の誰にも見せない甘える姿や、不眠症の理由、ヤクザとしての信条や、ふとした優しさを知っていく。



しだいに桃の胸で眠れるようになっていく真実を、自然とかわいく思ってしまった。



桃は監禁するような悪い男なのに、真実を好きになってしまいそうな自分に気がついた。



ある時、鷹司組に「MMM」と呼ばれる麻薬の販売依頼が来る。



MMMによって父を喪った桃は、真実にその麻薬が広まるのを止めるようにお願いする。



真実は桃からのおねだりを快諾。


だが、そのお願いは鷹司組と警察の全面戦争を意味していた。



「桃ちゃんのために戦争なんて、アガるね」



調査の結果、MMMの元締めは警視総監であった。


事実を知った氷室は警察から寝がえった。



氷室の逆スパイ協力を得て、警視総監の悪事を公表することに成功。


真実の奮闘を経て、桃はMMMへの恨みを晴らしてくれた真実を好きだと自覚した。



「両想い夫婦に、して?」



桃は、いつでも出て行ける鍵のかかっていない部屋で、真実と両想い夫婦となった。