友人の結婚式に参加するため、三年ぶりに地元に帰ってきた〝私〟。
二次会のパーティー会場で流れていた曲を聴いて、五年前に別れた〝あいつ〟のことを思い出してしまった。
「お互い、二十七になっても独り身だったら、そのときは結婚するか」
それは別れるときに〝あいつ〟に言われた言葉だ。
その日の夜、〝私〟は…

  




ふとしたときに、

思い出してしまう恋がある。



*

.



「お互い、二十七になっても独り身だったら、

そのときは結婚するか」



*

.


 

過去と現在を巡る、真夏の恋物語。