晴山 珊瑚は幼い頃、母が連れてくる男性と更にその男性が連れてくる少年のことが、みんな大好きだった。遊んでくれる良いお兄ちゃん、お菓子をくれるおじさん、そして誰よりも大好きな母。