いつか忘れてしまうキミへ

作者夏凪雨音

 どうしようもない人生をどうにかしようと主人公の來春は「記憶消し屋」のドアを叩く。
 いつかみんなのことを忘れていく。
 消えていって欲しい記憶、だけど、こんな時に限って、消えないでほしい

 たった一つの記憶が邪魔をする――。


表紙はあままつさまのフリーアイコンを使用させていただいております。




 ねぇナツ、私を連れ出してくれる?


 この鬱々とした世界から、逃がしてくれる?




 ねぇ、ハル。


 春は嫌いだった。


 だけど、あんたと出会えて少しだけ好きになっていったよ。


 季節も、自分の名前もね。