夜の渋谷の街で雨の中、ずぶ濡れになって歩く薫の前に驚くほどの美しい少年が現れた。名前を碧という。彼は昔亡くなったカメラマンの恋人・誠と面影が似ていた。